疲労回復の方法ナビ - 食べ物・サプリ・マッサージなどTOP > 軽い運動で対策 > マラソン選手を参考に

マラソン選手を参考に

 

あらゆるスポーツの中で、最も疲れる競技といって良いのがマラソンでしょう。

 

何しろ42.195kmという、日常生活ではとてもありえないような距離を走るだけに、走り終わった後の疲労は相当なものになると思います。

それだけに、マラソンランナーが行う疲労回復の手段は大いに参考になるのではないでしょうか。

 

マラソンの疲労回復のポイントは、まず水分補給とクールダウンです。

 

脱水症状にならないために水分をしっかりと補給すると同時に、酷使した筋肉を冷やす必要があります。

 

それによって、エネルギーのムダな消耗や炎症を防ぐことができます。

 

それから、あえて体を動かすことによって疲労回復を目指す方法もあります。

 

それは、疲労物質である乳酸の除去を促進するための軽い運動で、ストレッチが代表的になりますが、軽いジョギングも行われます。

 

ジョギングはだいたい10分程度で、これはクールダウンの前に行います。

 

マラソンが終わった翌日以降も運動が重要になります。

 

軽いジョギングのほか、入浴後と就寝前のストレッチも欠かせませんね。

 

2日後くらいからは筋肉痛との戦いになり、日常生活を送りながら疲労を回復していく必要が出てくるので、少しの空き時間にストレッチを行うようにする事が多いようです。

 

※痛みや疲労が厳しい場合には、マッサージを受けに行くという選択肢もあります。

 

これをまとめると、体を動かしながら疲労を抜いていく、そして早めに対処する。

 

マラソンの疲労回復のポイントは、そのまま日常生活にも当てはまると言えますね。

 

ぜひこの方法を参考にして、毎日の生活に取り入れたいところです。

 

軽い運動で対策記事一覧

スポーツについて

スポーツは体を鍛えるだけでなく、ストレス解消にも役立ちます。疲労の蓄積は肥満や運動不足によって生じる事も多いだけに、運動の習慣は重要ですよ。しかし、スポーツをしたこ...

ジョギング・ランニングについて

ジョギングやランニングは体力をつけるためのトレーニングですが、疲労回復の手段としても役立てることができます。特にハードなトレーニングをした後、あるいは疲労が蓄積している場合...

マラソン選手を参考に

あらゆるスポーツの中で、最も疲れる競技といって良いのがマラソンでしょう。何しろ42.195kmという、日常生活ではとてもありえないような距離を走るだけに、走り終わった後の疲...