住宅ローン審査と返済の手続き

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
各金融機関ごとのリフォームでも使える住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

住宅ローン繰り上げ返済の手続き方法は?流れと手順!【簡単にできる?】